その他の体幹骨骨折による後遺障害

小池弁護士  
その他の体幹骨骨折による後遺障害とは鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、又は骨盤骨に著しい変形を残すものです。骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤骨の体幹骨の変形障害は、医師も被害者も見逃しているケースが多いので要注意です。
 

その他の体幹骨骨折による後遺障害

12級5号 裸体となったとき、奇形や欠損が明らかにわかる程度のもの

体幹骨に 2 ヵ所以上の変形が存在するときは、これらを併合し 11 級の認定としています。

詳しくは厚生労働省の障害等級認定基準をご確認ください。

後遺障害のコンテンツ一覧


ImgTop9.jpg

事務所紹介

 

事務所の特徴

 

弁護士紹介

弁護士費用

 

解決実績

 

相談の流れ

事務所までのアクセス