腰椎・頚椎・胸椎の圧迫骨折等による後遺障害

久保田弁護士  
脊柱骨折のところでも述べましたが、
頚椎、胸椎、腰椎などは脊柱の一部です。
脊柱に骨折が起こると、手足に神経の症状が出ることがあります。
交通事故による大きな外力で脊柱骨折が起きた場合は、骨折に加え脊椎の脱臼(だっきゅう)を伴うこともあり、背骨の配列が乱れ、脊髄や神経を圧迫すると、上肢や下半身の麻痺(まひ)が出現します。
 
 

頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害

6級5号 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの
11級7号 脊柱に変形を残すもの
 

6級5号について

脊柱に著しい変形を残すもの」とは、エックス線写真、CT画像またはMRI画像で、脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものです。
①脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し、後彎が生じているもの
②脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少し、後彎が生じると共    に、コブ法による側彎度が50度以上となっているもの
 
脊柱に著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかにより頚部および胸腰部が強直したものをいいます。
①頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
②頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われたもの
③項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
 

8級2号について

「脊柱に運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。
①次のいずれかにより、頚部および胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの
・ 頚椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
・ 頚椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの
・ 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
② 頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたもの

11級7号について

「脊柱に変形を残すもの」とは、脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものです。
①脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
②脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く)
③3個以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの

後遺障害の解決事例

後遺障害非該当を14級にさせ430万円を取得

後遺障害等級不認定が14級となり,302万円を獲得

14級の後遺障害が判決により併合11級と認定され約2100万円もの増額が認められた事例

14級の後遺障害が鑑定により11級相当と認定され2000万円で和解した事例

後遺障害非該当が12級となり1967万円を取得

後遺障害等級14級が12級になり1091万円余の判決

14級の後遺障害(頚椎捻挫)の事故で441万円を取得

14級の後遺障害(頸椎捻挫)の事故で380万円余を取得

むち打ち症で後遺障害非該当が鑑定により14級9号になり訴訟上の和解をした事例

むち打ち症で後遺障害非該当が鑑定により14級9号になり訴訟上の和解をした事例


後遺障害のコンテンツ一覧


ImgTop9.jpg

事務所紹介

 

事務所の特徴

 

弁護士紹介

弁護士費用

 

解決実績

 

相談の流れ

事務所までのアクセス