RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害

久保田弁護士  
症状固定後に疼痛が存在することは珍しくありませんが、自賠責保険上、特殊な疼痛として位置づけされているのが、カウザルギー、RSD、CRPS、繊維筋痛症です。

カウザルギーとは、外傷性の神経損傷によって発生する灼熱痛、非有害刺激で正常な皮膚におこる疼痛であるアロデニア(allodynia)及び痛覚異常過敏です。
RSDとは、反射性交換神経性ジストロフィーという激烈な疼痛を伴う障害状態のことです。

近時は、RSDの名称が必ずしも病態を反映していないとしてCRPSとして「複合性局所疼痛症候群」として定義されています。
 
1996年より、カウザルギーがCRPDのtypeⅠ、RSDがCRPSのtypeⅡと定義されています。
また近時注目されている特殊な疼痛としては、繊維筋痛症があります。繊維筋痛症は、圧痛以外の他の他覚的所見がないにもかかわらず、前進に疼痛をきたす疾患です。

RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害

7級4号 軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの
9級10号 軽易な労務に服することができるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、 就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
12級13号 通常の労務に服することができるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの


後遺障害のコンテンツ一覧


ImgTop9.jpg

事務所紹介

 

事務所の特徴

 

弁護士紹介

弁護士費用

 

解決実績

 

相談の流れ

事務所までのアクセス